●だいち君について(里親様募集中)

 

2020年夏、6匹の子猫を保護しました。そのうち一番体の小さかった子が、だいち君。保護したときから陰部が腫れており、自力で排尿ができませんでした。
医師の診断によると、尻尾の付け根が何かに挟まれ、脊椎の中にある排尿の神経が切れてしまったことが原因で自力での排尿調整ができなくなったようです。その後、陰部の腫れは治り、断尾手術を行いました。

現在は預かりボランティアさんのお家で暮らしながら、新しい家族との出会いを待っています。

毎日の圧迫排尿が必要ですが、慣れれば誰でもできます(圧迫排尿のやりかたもお教えします)。

排泄コントロールが必要な以外は健康状態問題なし。人間が大好き、遊ぶの大好きな元気で可愛い黒猫ちゃん。

ハンディのあるだいち君をありのまま受け入れてくださる方のお問い合わせ・ご応募をお待ちしております。

​ぜひ可愛いだいち君に会いに来てください!

▼だいち君のこれまで(公式ブログより)

子猫のだいち君(2020年10月3日)

子猫のだいち君、明日検査へ(2020年10月28日)

​・里親募集開始!だいちくん(2021年2月5日)

©  特定非営利活動法人 猫の森

千葉県 船橋市